[G-Search]ジー・サーチ データベースサービス信頼性の高いビジネス情報を、より早く、より安く

情報の信頼性チェック・裏付け調査の必須ツール G-Searchデータベースサービスの記事検索

マスコミ・番組制作会社のファクトチェックに20年以上ご利用いただいております

Webメディアに掲載している記事の信頼性・裏付け調査、十分にできていますか?

Webメディアの掲載記事の内容に誤認や不備があった場合に炎上リスクがあることは、過去の事件や事象から明らかです。

しかし、実際の現場においてはPV向上のために、記事件数をいかに増やすか、迅速にタイムリーな記事を掲載するかが最優先事項となり、直接的な数値効果に繋がりづらい「ファクトチェック」は後回しになっていることも多いのではないでしょうか。
積み上げているコンテンツ記事が信頼性の低い記事であった場合は、後のリスクを増大させることになります。

サイトのブランディングを守るためにも、記事の信頼性チェックや裏付け調査は必須です。

マスコミや番組制作会社に「ファクトチェックツール」として、20年以上ご利用いただいているG-Searchデータベースサービスなら、コストを抑えながら貴社の「ファクトチェック」体制を構築することができます。

未来のリスクの軽減のために、G-Searchデータベースサービスをぜひご活用ください。

G-Searchデータベースサービスが「ファクトチェックツール」としてマスコミ・番組制作会社に選ばれている理由

過去30年分以上、1億件以上の記事を収録 全国紙、地方紙、業界紙、約150紙誌の記事を検索 維持費が安い!管理機能でコスト管理可能

会員登録

過去30年分以上、1億件以上の記事を収録

インターネット上では決して入手できない過去記事を多数収録しているので、一つの案件や事象について、時系列で深く追うことも、メディアごとの取り上げ方の違いを比較するといった広い調査もできます。

長年にわたり記事を収録し続けてきたG-Searchデータベースサービスだからこそ深く広い調査を可能とします。

  • 本サービスでは原則として外税表示を行っております。料金には別途消費税を申し受けます。
  • 記事イメージPDFの表示料金は記事のページ数により異なります。
収録期間の例(全国紙)
朝日新聞 1984年8月4日〜
読売新聞 1986年9月1日〜
毎日新聞 1987年1月1日〜
産経新聞 1992年9月6日〜

会員登録

圧倒的な収録数!約150紙誌の記事情報

全国紙・地方紙・業界紙のほか、ビジネス雑誌・週刊誌やスポーツ紙、科学文献情報など幅広い情報を一括で検索できるのが最大のメリットです。

G-Searchデータベースサービスでご利用いただける、すべての提供情報一覧と情報利用料を「利用料金一覧(PDF)」からご覧いただけます。

利用料金一覧PDF

維持費が安い!管理機能でコスト管理も可能

G-Searchデータベースサービスは、使った分だけお支払いの従量制。法人会員の場合は、年会費*以外の月額基本料といった維持費が掛からないので、導入コストを安く抑えることができます。

ご登録時

登録料

0

ご利用料金

基本料(法人会員の場合)

年会費6,600円(税込)

情報利用料

使った分だけ
お支払

  • 法人会員の年会費6,000円(税込 6,600円)は、1年分の先払いとなっており、初回はご入会月度に発生します。2年目以降は毎年のご入会月度に当年分の年会費として請求致します。

会員登録

利用者管理機能でコスト管理も容易に

G-Searchデータベースサービスの法人会員には、利用者管理機能(IDマネージャー)が標準搭載されています。

管理者による利用者へのID発行や、利用者やプロジェクトの業務範囲に合わせて、利用できるデータベースの制限や利用状況の管理ができますので、貴社の部署・チーム編成や予算にあわせた運用が実現できます。

利用者ID発行、グループ機能、利用制限、利用状況照会、明細のCSV提供、メール通期機能

利用者管理サービス IDマネージャー

記事の質や信頼性の向上

  • 記事の質や信頼性を向上させたい

    G-Searchデータベースサービスに収録された新聞・雑誌記事情報ならば、情報の出典元が明確なため信頼性の高い情報収集が可能です。また、膨大な過去記事を収録しているので、過去に遡った経緯の調査も容易で調査時間の短縮に繋がります。

  • 入稿された記事の内容が正しいか不安だ

    出典元が明確な各メディアの記事を一括して検索できるG-Searchデータベースサービスは、「裏どり(ファクトチェック)」作業の信頼性向上とチェック工数短縮を実現します。

  • 個人に依存する調査体制を是正したい

    執筆者によってどうしても、ファクトとなる情報の裏どりレベルにばらつきが生じてしまいます。G-Searchデータベースサービスの利用IDを提供し、活用することで、執筆にあたっての裏どりレベルのばらつきを解消。調査精度を向上させます。

  • 調査ツールを導入したいがコストが心配

    社内外のライターを複数起用している場合でも、G-Searchデータベースサービスなら、利用の範囲や利用額の上限アラートメールの設定などで、容易にコストコントロールが可能です。

会員登録

導入サポート

今すぐ使いたいなら個人・法人様向けプラン

クレカ会員登録する

請求書支払、グループ利用したいなら法人様向けプラン

法人会員登録する

会員登録のご案内

ページの先頭に戻る